二本オープンゴルフには、大きな特徴があります。

その特徴は、「ポイントターニー」「2本でのゴルフ」というものです。

これらにはそれぞれの意図が含まれて決定しております。

「スコア主義」を考えなおし、ゴルフ本来の「1打でも少なく」というアグレッシブなゴルフを実感体験して楽しんでもらうことができるようにということや「ゴルフは上手くいかないことも楽しみ」だということを再認識して普段のゴルフをもっと楽しめるように。という考えで競技方法を決定しました。「南筑波ゴルフ場」というコースの特徴や性質を加味して様々な視点から検証をした上で上記の特徴を決定しております。

ポイントターニーとは?

ポイントターニー方式とは「ステーブルフォードとも呼ばれる」、 競技方式の一種類で、各ホールのスコアをポイントに換算し、全ホール終了後の合計ポイントの多さで勝敗を競う競技方式のこと。
どんなコースにおいても失敗を恐れずに攻撃的なプレーを楽しめるようにという意図の下、20世紀初頭に英国で考案された競技方式であり、考案者のステーブルフォード(Stableford)博士の名にちなんでこのように呼ばれている。日本ではあまり行われていませんが、現在でも英国や豪州ではポピュラーな競技方式であり、プロのトーナメントツアーも盛んに行われています。ポイント配分は試合によってさまざまですがこの「二本オープンゴルフ」では、ダブルボギーが1点、ボギーが2点、パーが5点、バーディーが10点、イーグルが20点という設定になっています。

この競技方式だと、トリプルボギー以上ならば一律同じ点数になるように設定されているため、どんな大叩きをも恐れず意欲的、攻撃的なプレーをすることができます。ストロークでは増えたり減ったりすることからスコアを守りに入ることもありますが、積み上げたスコアは減ることがないので攻めることができるのが特徴となります。また、大叩きをすると点数がつかなく、その時点でそのホールのプレーが終了するため、スロープレーを防ぎ効率的な試合展開を進めることができ、さらに各ホールごとでプレーが独立しているため、前のホールでの失敗をひきずらずにすむという精神的なメリットもあります。本来のゴルフのスタイルに近いため、英国や豪州ではアマチュアゴルフを中心に現在でも人気が高い方式です。

合わせて、二本オープンゴルフはその名の通り2本でPLAYする為、クラブ選択の無駄な時間が省かれ戦略のみを考慮してPLAYするので9ホール90分~100分ほどで終了(当イベント実績)するのも特徴となっています。